FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
日本電産の永守重信社長、そのボキャブラリーの無さに笑ってしまいました
ノリピーです。


「24時間戦えますか?」
のキャッチコピーで有名な栄養ドリンクは、
当時のサラリーマンの過労状態を
鼓舞する名コピーでした。

今ほど過労についての議論が活発ではなく、
バブル期の働いた者勝ち状態を示唆しています。

この「24時間戦えますか?」を
攻撃的な台詞に変えて
日本電産の永守重信社長が発言したのが、

「休みたいならば辞めればいい」


率直に、もっと言葉の使い方を考えれば、
こんなに攻撃的に聞こえないはずなのにと、
そのボキャブラリーの無さに笑ってしまいました。

事実、ネットを中心にこの発言への批判が高まり、
日本労働組合総連合会会長も、「言語道断」と
厳しく批判しています。

そりゃそうでしょう。

せっかく、各企業は体裁保つために、
福利厚生を形ばかり厚くして、
休日も求人情報には明記しています。

その上で、社員側の自発的な休日返上を
促して働かせてきたのに、
「休みたいならば辞めればいい」と、
本音をそのまま公の場で発言されてしまえば
たまらないでしょう。


休日など取っていては
企業が成長しない事実も確かでしょうが、
だったら、求人募集の際には堂々と、

「休日なし」

と明記して、社員を獲得しましょうね、日本電産さん。



「休みたいならば辞めればいい」――。
そう会見で述べたとされる日本電産の
永守重信社長の発言への反響が広がっています。

連合会長がメーデーで非難したのに続き、
ネットでも永守発言に対して
多くの「意見表明」がされています。

批判が多いが、なかには
「正論を言ってくれた」と支持する声もあるとの事。


「休みたいなら辞めろ」発言は暴論?正論? ネットで波紋広がる
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080427-00000002-jct-soci

【2008/04/30 18:37】 | 国内 | トラックバック(0) | コメント(0) |
NTTドコモが“ドコモ”ブランドを一新
子供の頃、進研ゼミをやっていました。

毎月届く通販教材は、挿絵をふんだんに散りばめ、
紙相手ながらも、さも会話しているかのような
学習を楽しめた記憶があります。

発行元の福武書店という名前は、
もしかしたら人生で初めて覚えた法人の名前かも
しれません。

だからこそ、数年前に福武書店が
ベネッセと社名変更した際は、
強烈な違和感を感じたのも仕方ありません。


社名変更や、
会社の顔であるロゴマークを変更するのは、
法人側にとって大きな挑戦です。

年月をかけて浸透させてきたものを一新した場合、
消費者にとってピンとこないものになってしまったり、
会社そのものをイメージさせにくくさせるケースがあります。

それでも、リスクを犯してでも行う理由は、
その会社が新しいスタートを切った、
今までとは違う事を始めますと言った、
決意表明なんですね。

NTTドコモが7月からロゴマークを変更させますが、
日本携帯市場の王城が陥落する前に、
本腰をいれてきた証明なのでしょう。

王様の態度のままだったら、
陥落へのシナリオは変わらないと思いますけどね。



NTTドコモが7月1日から
“ドコモ”ブランドを一新すると発表しました。

技術志向で、新規顧客の獲得を重視する経営から、
マーケットニーズを知り、期待に応えて
顧客の満足度を高めていく経営へとかじを切るとの事。


「手のひらに、明日をのせて」──ドコモ、赤い新ロゴで“新ドコモ宣言”
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080418-00000042-zdn_m-mobi

[お役立ち情報] 妊娠 出産 子育て
【2008/04/21 16:14】 | 国内 | トラックバック(0) | コメント(0) |
レジ袋有料化意識が浸透してきた証拠
レジ袋を有料化すると、バック持参者が増え、
結果、無駄なゴミを削減できる理屈は分かります。

事実、レジ袋を有料化したお店でのレジ袋辞退率は
80%を超えており、明確な効果が得られています。


で、アマノジャクの私は、ふと思うのです。

「レジ袋の売上げはどこに行くのだろう?」

企業単位によってバラバラでしょうが、
きっとその多くは単純にお店の利益に
なっているのだろうと思います。

消費者は利便性を代償に地球環境へ貢献している。
じゃあ企業はどうなんだろう?

レジ袋有料化のさきがけ時期は
消費者の反発の予想もあったでしょうから、
当然リスク覚悟で挑んだのでしょう。

しかし、レジ袋有料化への
消費者の理解が大幅に進んだ今、
スタンダードになりつつあります。

レジ袋がほしいなら
買うのが当たり前の時代だと言う事。


じゃあ、最初の疑問。

「レジ袋の売上げはどこに行くのだろう?」

売上げの全てが地球環境改善事業への寄付が
スタンダードになるのなら素敵な業界ですね。



ごみや温室効果ガスの削減につながる
レジ袋有料化に賛成する人が7割に上ることが、
市民団体「容器包装の3Rを進める全国ネットワーク」の
アンケートで分かりました。

レジ袋有料化は一部自治体や
スーパーで始まったばかりですが、同ネットは、

「意識が浸透してきた証拠」

として、広く導入を促す方針だそうです。


<レジ袋有料化>「賛成」7割に 市民団体アンケート
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080417-00000029-mai-soci

[PR][お役立ち情報] 妊娠 出産 子育て
【2008/04/18 17:57】 | 国内 | トラックバック(0) | コメント(0) |
前のページ | ホーム | 次のページ
風俗嬢のりこの気になるヤフーニュース


気になるヤフーニュースについてのりピー独自の視点で綴ります。

メニュー

新着コンテンツ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

トピックス

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。